*

キャッシングやクレジットカードでの延滞はブラック情報となります

ブラック情報というのをご存知でしょうか。たとえばクレジットカードを利用して買物をし、その支払いが口座引き落とし日に間に合わなかったり、キャッシングをしていてその返済が遅れたりして、それが一定期間以上続いた場合に、事故情報として個人の信用情報に記録されることをこう呼びます。 通常は、3か月以上遅れると事故情報となります。この情報が記録されると、たとえば新しくキャッシングをしたり、クレジットカードを作ったりする場合に、返済が難しいとみなされて、審査に通らなくなる可能性があります。特に銀行や大手の消費者金融での借入はできなくなりますので、どうしてもお金を借りたい場合には、中小の消費者金融を当たってみましょう。また、返済が滞らないよう、計画的な利用を心がけるようにしましょう。 それとは別に、延滞していないのに事故情報とみなされることもあります。これは、一度に何件ものキャッシングやローンを申し込んだために、やはり返済能力に疑問を持たれるもので、俗に申し込みブラックと呼ばれます。申込は、せめて一度に3件程度にとどめておきましょう。 こちら(⇒キャッシング金利CK51※低金利で人気のカードローン会社比較)のサイトでさらに詳しくみる。


コメントする