*

仮放免の申請

行政書士さんに、東京入国管理局での仮放免申請をお願いしました。
まずインターネットで法務省のホームページ上にある申請に必要な用紙のデータをA4でプリントアウトし、用紙に必要事項を明記し、添付書類なども用意し、私は本人ではなく直系の親族ですので代理人として東京入国管理局へ提出できると思っていたのですが、あまりに膨大な書類作成が必要なので、行政書士さんにお願いすることに。受付時間は、曜日や時間がかぎられているので気をつけなければなりません。
手数料などはかかりませんでしたが、仮放免の許可に際しては保証金の納付が必要でした。仮放免をお願いした行政書士さんには感謝です!

タグ :


コメントする